昨年12月以来のブログ更新です。
世の中、新型コロナで大騒ぎですが、
化粧品の売れ行きはネット通販を中心に
好調だと聞きます。きれいでいたいと願う
女性(男性)の欲求はどんな時でも尽きない
ということでしょうか。私もそのひとりの
奇跡の少年、63歳。アナトミー村本です。
皮膚老化・目立つ毛穴

今回のテーマは「毛穴」です。
お肌の老化で気になる症状といったら、
1.シミ、2.しわ、3.たるみ、4.乾燥、5.毛穴
ではないでしょうか。
美容クリニックでの施術はさて置き、ここでは
毎日のスキンケアでできる範囲の予防法と
対処法についてお話しします。
特に「毛穴」ケアでは恐ろしい落とし穴が
待っているので、要注意です。


「シミ」に関しての予防法ははっきりして
います。それは、若い時から徹底的に
紫外線防御をするしかないということです。
できてしまった「シミ」は皮膚のターン
オーバーを整えて排出を早めるか、
ビタミンCのような抗酸化作用(還元作用)
のある成分配合の化粧品で短時間でも濃く
なるのを防ぐことが大事だと考えています。
(同時に抗酸化作用のある成分の内服が
おすすめです)
ビタミンCの還元作用

「しわ」については「乾燥による小じわを
防ぐ」の効能表示があるように、洗顔の時
から次の保湿アイテムの使用まで、今お使い
の化粧品が本当に保湿ができているか、
一度チェックしてみてください。これは当然
4番目の症状の「乾燥」に対するケアにも
なります。(洗顔後1分以内に顔がつっぱる
場合は洗顔料の見直しを


次に「たるみ」ですが、これは毎日の顔、首の
エクササイズが大事です。常に上を向いて、
気を張って生きることを心がけましょう。
(精神論ですね)
気が緩んでいると「たるみ」ます?
たるみイラスト
そして「毛穴」の悩み
まず、どうして毛穴の目立つ肌になってしま
ったのか、その原因から考えてみましょう。
大多数の人がそう思い込んでいる原因は、
毛穴に余分な皮脂や汚れ、老廃物が溜まっ
ているから、というもの。
そこで、多くの美容家達が対処法として、
徹底的に「洗う」ことを強調します。時には
専用の器具を使ってゴシゴシと。
悩んでいる人達も結果を早く出したいと願い、
一生懸命洗います。すると余計に毛穴が
目立って来て、負のスパイラルに陥ってしまう
ケースが多いのです。
毛穴アップ

ちょうど今、新型コロナウイルスの感染予防
で、毎日何回も手を洗い、アルコール消毒を
した結果、手はガサガサに乾き、皮はめくれ、
ひび割れしたり、赤くなっている人もいるので
はないでしょうか。
顔の場合も同じです。神経質に毛穴の汚れ
を気にして洗い続けると、皮膚は乾燥し、
バリア機能は低下し、ターンオーバーは乱れ、
毛穴周囲の角質層は厚くなり、皮脂分泌の
多い人ならば過剰な皮脂が溜まってニキビが
できやすくなります。

つまり、「毛穴」を意識し過ぎて極端なケア
をすればするほど、「毛穴」が目立ってくる
のです。この悪循環から抜け出さないと、
目立つ「毛穴」は解消できないと
考えて
います。

そこで、私が提唱する解決策は、
「毛穴は刺激しない」「保湿する」ということ
です。
「それだけ?」と思った人が多いでしょう
から、いくつかの例をあげて説明いたします。
乾燥毛穴の例
皮膚表面が乾燥すると皮膚はツッパリ、毛穴
は広がって見えます。その例が上記の高野
豆腐の実験です。画びょうで同じ大きさの穴を
等間隔であけた高野豆腐の一方には、
ローションをたっぷり吹きかけると、穴が小さく
なります。同じことが皮膚の上でも起こると
考えられます。

次に、皮膚のターンオーバーとキメの関係を
説明します。
キメと毛穴の関係
キメの乱れと毛穴
キメとキメがクロスした所に毛穴があるため、
キメが規則正しく並べば、それだけでも毛穴
が目立たない印象になるのです。上記の
ボール紙の実験では画びょうで一方は規則
正しく等間隔で穴をあけ、もう一方ではアット
ランダムに穴をあけました。(穴の総数は
同じです)
やはり、アットランダムな穴の方が目立って
見えます。

それでは、皮膚のキメを整えるためにはどう
すればいいのか。ターンオーバーを整える
とはどういうことか、を少し詳しくお話しします。
皮膚ターンオーバーとバリア形成
通常は皮膚の角質細胞が表皮の基底層で
生まれてから、基底細胞、有棘細胞、
顆粒細胞の状態を経て、角質細胞にまで
生長するには平均45日かかると言われて
います。しかし、皮膚に過剰な刺激を与える
と、ターンオーバーのスピードが早まり、未熟
ふぞろいの角質細胞が増えて、その結果、
セラミドやNMFという保湿成分の不足した
保湿バリア機能の弱い角質層ができてしまう
のです。
ふぞろいの角質細胞たち

一方、ターンオーバーが遅くなると剥がれる
べき角質細胞がいつまでも居すわって、
分厚くキメの粗いいゴワゴワの肌になって
しまうと考えられます。
ターンオーバー速度と角質層
いずれの場合も毛穴周囲では余分な角質
細胞が溜まって土手のように膨らみ、陰が
できて毛穴が大きく見えるようになります。
皮脂分泌の多い人ならば過剰な皮脂が
溜まってニキビができやすくなります。
ターンオーバーと毛穴の関係
最後に「たるみ」の影響で毛穴が目立つ場合
もあります。丸い毛穴の外周がたるんだ皮膚
に引っ張られて長丸になり、線状の毛穴に
見えてしまいます。
最初にお見せした50代の肌の写真で見られ
る線のように見える「毛穴」がまさにこの例です。
たるみ毛穴の例

「毛穴」がここまで目立つようになると、
なかなか後戻りは難しいかもしれませんが、
しっかりと保湿を心がければ、肌がふっくらと
なって、ハリを取り戻し、「毛穴」が目立た
なくなる可能性はあります。

以上、「毛穴」ケアについて個人的意見を
言わせてもらいましたが、結論は
「毛穴」に特化したケアはしなくていい。
むしろ、やらない方がいいということです。
「毛穴は落とし穴でもある」ということですね。

「君子毛穴に近寄らず」

楽しいスキンケア講演会。営業社員、
新入社員研修。製品開発、販促企画の
お手伝い。美容と健康に関する文章の
執筆、など。何でもご相談ください。

食と美容のスペシャリスト
・コスメコンシェルジュ
・コスメマイスター
・化粧品成分上級スペシャリスト
・スキンケアマイスター
・NR・サプリメントアドバイザー
・メイクアップアーティスト

トータルビューティーサイエンティスト
村本 敦比古