ニキビ生写真
汚い写真で失礼します。
ニキビができてしまった61歳少年。
アナトミー村本です。
この歳になっても皮脂分泌が過剰になる
ことがあるのです。
実は、前日の夜、9時を過ぎてから餃子を
タラフク食べたせいか、夜中に胸が苦しく
なり「心筋梗塞か?」と、一瞬あせったのですが、
「待てよ、これは胸やけでは」と気がつき、
しばらくダンゴムシのように丸くなって、
症状が治まるのを待って朝を迎えたのです。

食べ過ぎのストレスが一晩中続いた、
大変な夜でした。
その結果、朝、鏡を覗いたら、ご覧の通りの
ニキビができていて、
「ショック!!」
美容と健康の伝道師が一生の不覚です。

ところで、日本皮膚科学会のニキビ治療の
ガイドラインには、食事についても触れて
います。(食事指導は有効か?)

ニキビと食事指導
小さくて読みにくいので、私の解釈で
まとめてみました。

推奨度はC2で「特定の食事を推奨は
しない」というレベルなのですが、
そこそこ裏付けデータがあるので、
以下の3項目が記載されているのだと
思います。
1.急激に血糖値を上げない。
(低GI食品の推奨)
2.腸内細菌のバランスの維持。
(発酵食品摂取の推奨)
3.魚中心の食事で炎症を起こし
にくい体質を維持。
(ω-3系不飽和脂肪酸摂取の推奨)


私は常にこの3項目は意識して食事を
してきました。
特に1番の低GI値の食品を中心に
ゆっくり時間をかけて食べています。
インスリン急上昇

急激に血糖値が上がると、それを追い
かけて急激にインスリンが膵臓から
血中に分泌され、余分な糖分を脂肪に
変えて脂肪細胞に貯蔵します。→肥満
同時に皮脂腺を刺激して、皮脂の分泌を
高めるのです。→ニキビ

皮脂腺が余分な脂肪の排泄器官のような
はたらきもしていると言えます。
ですから、「吹き出物」とも言うのですね。
なるべくインスリンの分泌を抑えて、しかも
ゆっくりはたらかせる低GI食を心がければ
膵臓の寿命も延びるのです。
低GI食品とは
では、具体的にはどのような食べ方になる
のかというと。
食事の最初に野菜や海藻などを食べます。
とんかつ定食ならば、付け合わせのサラダ、
漬物、キャベツ、お味噌汁、とんかつ、最後に
ご飯を(注文時半分で依頼)、という感じです。
パンやうどんよりも低GI値のごはん(できれば
玄米)やそば、パスタを選びます。しかも
ゆっくり会話を楽しみながら時間をかけて
食べます。
糖尿病ネットワークさんのHPにわかりやすい
食品表が載っていたので、こちらも参考に
してください。
20080501[1]

飲み物では加糖タイプの缶コーヒーや
コーラ、ジュースなどは避けましょう。
また、アルコール類でもカクテルや
ジュース割の甘いお酒はおすすめ
しません。

腸内細菌に関しては、以前にも度々取り上げ
てきましたが、腸内細菌が美肌ビタミンとも
言われるビタミンB2、B6、ナイアシン(B3)
などを作っているので、腸内の環境を整える
ことは美肌づくりの基本中の基本ですよね。
更に、EPAやDHAのω-3系不飽和脂肪酸の
摂取についてもアレルギーや炎症の予防に
なるので、美肌の維持には欠かせません。
img052
みなさんも、血糖値や腸内細菌のバランス、
ω-3系の油を意識した食事を心がけて、
美肌をキープしつつ、年末年始のハードな
スケジュールを消化して行ってください。

話は変わりますが、山手線の新駅の名前が
12月4日に発表されました。
高輪ゲートウエイ駅
発表翌日(12/5)の朝日新聞

「高輪ゲートウエイ」に決まったものの
評判がすこぶる悪いようで、16日の今日
も撤回すべきとの運動が起こっている旨の
ニュースが報じられていました。
発表された日のネット上の声では、
英語やカタカナを混ぜていいならば、
他の駅でも改名したらどうか、という例で
「サマンサ田端」
「東京ラブストーリー」
「駒込ピペット」

なんて、おもしろい名前が紹介
されていました。

それならばと、私も駅名に化粧品原料名を
混ぜて、山の手線の新駅名(案)を作って
みました。
山手線駅名
みなさんも暇な時に地元の駅名で
考えてみてください。
ちなみに私の「高輪ゲートウエイ」の代案は
高輪香料」です。(何か聞いたことある?)

ひょっとしたらJR東日本の人が山の手線
をイメージした化粧品を作りたいと
考えているかもしれませんので、
先回りして、コンセプト案を作って
みました。
JR東日本様、ご検討お願いします。
山の手保湿ライン
DSC_2399

楽しいスキンケア講演会。営業社員、
新入社員研修。製品開発、販促企画の
お手伝い。美容と健康に関する文章の
執筆、など。何でもご相談ください。

食と美容のスペシャリスト
・コスメコンシェルジュ
・コスメマイスター
・化粧品成分上級スペシャリスト
・スキンケアマイスター
・NR・サプリメントアドバイザー
・メイクアップアーティスト

トータルビューティーサイエンティスト
村本 敦比古